• HOME
  • 解決事例
  • 訴訟手続(通常訴訟手続)により売買代金800万円を回収した事例

訴訟手続(通常訴訟手続)により売買代金800万円を回収した事例

C社は取引先であるD社から商品の売買代金約800万円が支払われず、何度も支払いを催促したり、内容証明郵便を送付したりしても効果がなかったため、当事務所にその回収をご依頼いただきました。

 

D社は大会社で資金は十分にあるものと思われましたが、C社が納入した商品に問題があると主張しており、話し合いで解決できる見込みはありませんでした。そこで、当事務所の弁護士がC社の代理人となり、早急に売買代金の支払請求訴訟を提起しました。


訴訟ではD社も自己の正当性を主張し、半年程度争いが続きましたが、判決は当方の完全勝訴でした。D社も大会社であるだけに、判決が出るとこれを受け入れ、すぐに全額をC社に対して支払いました。

 

経験豊富な弁護士が御社の法務を全力でサポートします! 法律相談予約専用フリーダイヤル【24時間受付】0120-151-180(年中無休)
メールでのお問い合わせ
FAXでのお問い合わせ
■事務所紹介
■弁護士紹介
■料金表
■解決事例
■お問い合わせ方法
■アクセスマップ