• HOME
  • 解決事例
  • 仮差押手続きにより売掛金全額を保全した事例

仮差押手続きにより売掛金全額を保全した事例

G社は家具を製造しているメーカーでしたが、商品を売った相手方から2か月分にわたる合計900万円の売掛金を支払ってもらえないとのことで相談にいらっしゃいました。

 

早速当事務所の弁護士が代理人となり内容証明郵便を送りましたが、全く支払う気配がありません。しかも、相手方は業界内で資金繰りに苦しく倒産するのではないかという噂もあるとのことでした。


相手方には所有の不動産がありましたが、いずれも多額の根抵当権が設定されており資産価値がありません。
そこで、早急に相手方の預金口座の仮差押手続きをとりました。預金口座の中には十分な預金がありましたので、無事売掛金全額の金額を保全することができました。


その後、訴訟を経て強制執行に及ぶ予定でしたが、相手方は突然預金口座を差し押さえられ、通常の取引にも支障をきたす状態になり大きなダメージを受けたようで、すぐにどうか仮差押えを解いてほしいと連絡がありました。

 

そこで、任意の振り込みにより売掛金全額を回収した後、仮差押申立てを取り下げ、これにより本件は解決しました。
 

 

経験豊富な弁護士が御社の法務を全力でサポートします! 法律相談予約専用フリーダイヤル【24時間受付】0120-151-180(年中無休)
メールでのお問い合わせ
FAXでのお問い合わせ
■事務所紹介
■弁護士紹介
■料金表
■解決事例
■お問い合わせ方法
■アクセスマップ