• HOME
  • 保証人から回収する

保証人から回収する

保証人とは、債務者が債務を履行しない場合に変わりに債務を履行する約束をした人のことであり、保証人と連帯保証人の2種類があります。

債務者からの債権回収が困難な場合、連帯保証人からの回収を検討します。連帯保証人は、債務者と全く同じ義務を背負っており、借りた本人と同等の扱いとなります。そのため、自分は直接借りていないから返さない、関係が無いということはいえません。

 

また、債権者から債務者の債権を支払えといった場合に、「債務者には○○の財産があるので、強制執行できるはずだ」と主張できるのは、保証人のみであり、連帯保証人はいえません。


このように保証人から債権回収を望む場合においても、保証人か連帯保証人かで対応が異なりますので、慎重に行う必要があります。当事務所は、豊富な経験と実績から、貴社の状況に合わせた最適な方法をご提案致します。

 

取引先が、債権・売掛金を支払わない場合、まずはお気軽に当事務所へご相談下さい。
 



債権・売掛金回収の様々な方法

■内容証明郵便
■支払督促手続
■民事調停手続
■少額訴訟
■仮差押手続
■訴訟手続(通常訴訟手続)
■強制執行手続
■担保権の実行
■代物弁済
■保証人から回収する
   

 

経験豊富な弁護士が御社の法務を全力でサポートします! 法律相談予約専用フリーダイヤル【24時間受付】0120-151-180(年中無休)
メールでのお問い合わせ
FAXでのお問い合わせ
■事務所紹介
■弁護士紹介
■料金表
■解決事例
■お問い合わせ方法
■アクセスマップ