代物弁済

代物弁済とは、債権者が債務者に対して1000万円の貸金債権を持っていた場合に、債務者が1000万円を金銭で返せない場合、1000万円の価値がある車や土地、宝石などを代わりに引き渡してもらうことです。

本来の履行として予定したものではなく、債権者と債務者の合意により、別のもので債務の弁済が行われることと定義することができます。代物弁済を実施する場合の注意点としましては、債権額と代物弁済で受け取ったものとの差が生じる場合が多いという点です。

金銭に比べれば、物ですので、細かい価格の設定はできず、債権額の通りになるというケースは稀だといえます。そのため、受け取った代物弁済の価値が債権額に満たない場合は、別途支払うという契約にしておくことが重要です。

また、代物弁済の価値が債権額よりも大きいという場合には、返還しないという約束をしていたとしても、金額にもよりますが、その差額分を清算する義務が債権者に課されることがあります。


このように担保権の実行においても、様々な注意点がございます。実施する前、した後の約束事を明確にしておかないと、再度紛争に発展してしまったり、更に深い紛争になるケースもございます。

当事務所は、豊富な経験と実績から、貴社の状況に合わせた最適な方法をご提案致します。
取引先が、債権・売掛金を支払わない場合、まずはお気軽に当事務所へご相談下さい。
 



債権・売掛金回収の様々な方法

■内容証明郵便
■支払督促手続
■民事調停手続
■少額訴訟
■仮差押手続
■訴訟手続(通常訴訟手続)
■強制執行手続
■担保権の実行
■代物弁済
■保証人から回収する
   

 

経験豊富な弁護士が御社の法務を全力でサポートします! 法律相談予約専用フリーダイヤル【24時間受付】0120-151-180(年中無休)
メールでのお問い合わせ
FAXでのお問い合わせ
■事務所紹介
■弁護士紹介
■料金表
■解決事例
■お問い合わせ方法
■アクセスマップ