• HOME
  • 関係を悪化させずに回収する

関係を悪化させずに回収する

「弁護士に依頼すると争いが大きくなるだけではないか」
「弁護士はすぐに裁判をしたがるのではないか」

・・・そんなご心配を耳にすることは多いです。

かといって,現状のままでは何も解決しない,何か解決の糸口を見つけ出したい。そのような場合はどうしたらよいのでしょうか。当事務所では,ご相談者の方に一つの解決策を押しつけることはせず,選択肢をご提示してより良い解決を皆様と図っていきたいと考えております。

もちろん,そのような選択肢の中には,やむなく裁判を提起するという手法が含まれる場合もあるかと思います。ただ,それ以外にも選択肢がある場合には,それをご提案した上,それぞれどのようなメリットとデメリットがあるのかをご説明して,ご納得いただける方法で進めなければ,決して良い解決は生まれないと考えております。

たとえば,いきなり裁判をするのではなく,まずは弁護士名で手紙を送付して支払いを求める方法もあるかと思います。または,弁護士と相談しながら督促状の適切な文案を練って,弁護士名ではなくご相談者ご本人の名前で出すという方法もあるかも知れません。

このように,当方と相手方との関係を考慮しながら,裁判以外の方法を検討していくことも当然必要であると考えます。まずはご相談いただき,どのような解決策を望まれるか,率直にご意見をいただけたらと思います。
 


債権・売掛金回収の様々な方法

■内容証明郵便
■支払督促手続
■民事調停手続
■少額訴訟
■仮差押手続
■訴訟手続(通常訴訟手続)
■強制執行手続
■担保権の実行
■代物弁済
■保証人から回収する
   

 

経験豊富な弁護士が御社の法務を全力でサポートします! 法律相談予約専用フリーダイヤル【24時間受付】0120-151-180(年中無休)
メールでのお問い合わせ
FAXでのお問い合わせ
■事務所紹介
■弁護士紹介
■料金表
■解決事例
■お問い合わせ方法
■アクセスマップ